INFORMATION -お知らせ-

2022年10月

2022年10月05日

人気の教育情報コラム一覧<期間:2022年9月>|ノビテクマガジン

2022年9月の間で、人気の教育情報コラムを一覧としてまとめました。
興味関心やトレンドの参考にしてください。各コラムページから講師のプロフィールが確認できます。

1位~10位

  1. 公認会計士が書く!ついつい誰かに話したくなる 堤康之【第4回】確定申告の準備 – 公認会計士が書く!ついつい誰かに話したくなるお金のこと
  2. ドイツで育むグローバル人材!【第1回】ドイツの国家資格ゲゼレ(職人)目指す – ドイツで育むグローバル人材!~アメリカ・イギリスでもない環境を選ぶ日本人~
  3. 前田鎌利-相手に伝わるプレゼン資料作成1 前田鎌利【第1回】相手に伝わるプレゼン資料作成のポイント
  4. 堀井弁護士流 相手の心を知る分析術堀井亜生【第二問】しつこい姑との関係を断ち切りたい – 堀井弁護士流 相手の心を知る分析術 
  5. プレゼンの鬼が教える話し方のコツ!1眞邊明人【第1回】最強のはなしかたとは? – プレゼンの鬼が教える話し方のコツ!眞邊明人の最強の話し方
  6. 【第16回】松本和也氏『惹きつける話し方』7つのルール – 【ノビテクマガジン倶楽部主催講演会】Report
  7. 岡本章吾【第1回】イメージスタイリスト岡本章吾のビジネスマンのためのスーツ着こなし概論
  8. 中村義裕【第1回】日本語の乱れ(上) – 知ってるつもり?日本の伝統と文化~真の国際化は、自国の伝統と文化を知ることから始まる~
  9. 江藤真規【第1回】子育ての壁にぶつかったことが人生のターニングポイント – 働く女性のキャリアもライフも応援する新しい「家族支援」のカタチを広めたい。
  10. 齊藤正明【第1回】「平凡な仕事」を超えろ!マグロ船で学んだプロの心構え – プロフェッショナルの歩き方

11位~30位

  1. 辻秀一【第1回】Flowな心から良いパフォーマンスは生まれる – スポーツドクター 辻秀一 心をFlowに導く思考習慣
  2. 水野貴之【第1回】ユーダイモニアを感じるほど仕事の生産性が高まる – 企業を成長させるマネジメントのカギは「従業員の幸福」 – [特集]はたらくをたのしむ
  3. 竹中平蔵【第1回】「地図」より「コンパス」が求められる時代 – 変革の時代に求められるモチベーション
  4. ピョートル・フェリクス・グジバチ【第1回】多様性を高めることが企業生き残りの近道 – ダイバーシティ論 多様性のある組織だけが生き残る
  5. 藤田一照【第1回】藤田一照さんに聞く!一問一答 – 禅から考える”自律“とは? ~他律的思考から、自律的思考への転換~
  6. 戸辺美由起【第2回】「多様な視点で物事を捉える」方法のトレーニング – 戸辺メソッドトレーニング~物事の捉え方を柔軟にする手法~
  7. 佐藤綾子【第2回】与える印象を最も左右するのは”表情” – 「意図的に表現を変える」人を魅了する自己表現とは
  8. 田村勇人【第1回】映画「羅生門」から読み解く、複数の嘘から真実を見抜く方法 – 弁護士がすすめるビジネスパーソンが観るべき映画~人間関係を映画で学ぶ~
  9. 澤口俊之【第1回】怒りは「恐れ」と密接な関係を持つ – 怒りとの正しい付き合い方 ~アンガーマネジメントが組織を導く~
  10. 永谷研一 Vol.3 「行動目標」をつくる4つのステップ – 目標を達成するための”PDCFAサイクル”
  11. 【書評】スマイルズの世界的名著 自助論|サミュエル スマイルズ (著)|三笠書房 – ノビテクマガジン編集部の本棚
  12. 松永光司【第1回】治療家と療法家 – 療法家が語る“ゆらし”とは?~フィジカル(からだ)の状態がメンタル(こころ)に及ぼす影響~
  13. 岡田晃【第5回】上杉鷹山を知る 前編 – 時代を築いたリーダー達~歴史から紐解く、プロフェッショナルの本質~
  14. 川島高之 – work、life、socialを行き来する
  15. 遠藤貴子【第18回】人材育成のための第一歩は、 信頼関係を築くためのコミュニケーションから – 研修講師リレーコラム
  16. 石川邦子【第1回】「キャリア」とはその人の人生そのもの。「良いキャリア」も「悪いキャリア」もない。 – コレが私の生き方を決めた!
  17. 内山厳【第7回】研修講師の役割とワークショップデザイン – 研修講師リレーコラム
  18. 特集一覧 – 講演講師コラム
  19. 江口克彦【第1回】松下幸之助のすべての言葉の根底には「人間大事」がある – 人間観なきところに人は育たず。
  20. Resily × KDDI – 「OKR」でイノベーティブな組織をつくる