中村義裕×新将命【目次】教養はぶれない軸と強靱な決断力をもたらす。[特集] リベラルアーツ -生きた教養を身につける-

中村 義裕

教養はぶれない軸と強靱な決断力をもたらす。[特集] リベラルアーツ -生きた教養を身につける-

日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスといった、グローバル・エクセレント・カンパニーで経営職、社長職を務め、「伝説の経営者」と呼ばれた新将命氏と、歌舞伎をはじめとする演劇全般に造詣の深い演劇評論家・中村義裕氏。二人の達人が、ビジネスパーソンにおける、日本の伝統文化「教養」の重要性と、それを磨く方法について議論を交わした。

白谷輝英 ≫ 文 波多野匠 ≫ 写真

(※本記事は、2018年10月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

【第1回】「無用の学」と「有用の学」

―お二人が初めて出会ったのは3年前だと伺いました。中村 そうでしたか?もっと長い間、お付き合いをさせていただいている気がしています。―新さんと交流された時間は、それだけ濃密だったということでしょうか。一方の新さん、中村さんの第一印象はいかがでしたか?新  ひと言でいえば『驚愕』です…

≫ 【第1回】「無用の学」と「有用の学」

【第2回】書物だけでなく体験からも学ぶべし

新 講演後に聴衆の皆さんから、「著書を読んだ印象と実際の新さんとでは、印象が大きく違う」とよく耳にします。やはり、生身の人間から受けるインパクトは大きい。その分、学べることも多いはずです…

≫ 【第2回】書物だけでなく体験からも学ぶべし

【第3回】教養を身につけて「己の座標軸」を確立

―最後に、教養を身につける利点をお教えください。新  最も大きい利点は、「己の座標軸」が確立できることです。教養がない人は、考え方に一貫性・継続性がないため、判断にブレが生じがち。一方、教養があれば大局的にものごとを観察し、正しく決断できるようになります。中村 そうですね。しかも、分野には関係ありません…

≫ 【第3回】教養を身につけて「己の座標軸」を確立

対談者プロフィール

中村義裕(なかむら よしひろ)
演劇評論家・著述家
少年の頃より芝居が好きで、現在までに6,000本を超える芝居を観劇。演劇評論、日本文化研究家。舞台俳優との対談、トークショー、舞台演出、プロデュースなど多彩な活動を展開。一方、歌舞伎、武士道、神と仏、浮世絵などをキーワードに日本文化を語る。早稲田エクステンションセンターで、「歌舞伎ものがたり」「知っておきたい日本の伝統」などの講座を開催中。2018年6月カザフスタン共和国の招きにより、現地で日本の伝統芸能をプロデュースし、大好評を博す。著書に、『九代目・松本幸四郎』(三月書房)、『日本の伝統文化しきたり事典』(柏書房)、『歌舞伎と日本人』(東京堂出版)がある。

新 将命(あたらし まさみ)
株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役
1936年東京生まれ。早稲田大学卒。株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長。シェル石油(現 昭和シェル石油)、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなど、グローバル・エクセレント・カンパニー計6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。2003年から9年間、住友商事株式会社のアドバイザリー・ボード・メンバーを務める。現在、数多くの企業のアドバイザーや経営者のメンターを務めながら長年の経験と実績をベースに、講演や企業研修、執筆活動を通じて国内外で「リーダー人財育成」の使命に取り組んでいる。

講師への講演依頼はノビテクビジネスタレントで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • AP日本橋内覧会バナー

    AP日本橋内覧会バナー
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。