INDEX -目次-

VOL.31
SPRING 2021 CONTENTS

〔特集〕

人の能力をひき出す

リーダーや管理職の重要な役割の一つは、〝メンバーの力を引き出すこと〟だ。

各個人が持っている能力を見極めるだけでなく、新しい能力も引き出していくのは、容易なことではない。テレワークが日常的なものとなり、オンラインだけで信頼関係を築くことが当たり前になった今、コミュニケーション方法の見直しが必須だ。

限られた状況のなかでどのようにメンバーとコミュニケーションをとればいいのか。また、どうすればメンバーの能力を引き出していけるのかについて、さまざまな状況を乗り越えてきた経営者や、現場実践者などから信頼関係構築のヒントを得よう。

●CONTENTS 1

プロ経営者が伝える人の能力の引き出し方

アース製薬株式会社社外取締役 パナソニック株式会社顧問 株式会社サンリオ顧問
ハロルド・ジョージ・メイ

テレワークの導入、職場での雑談減少などで、企業内のコミュニケーション環境は激変している。こうした中、企業の経営層や管理職には、部下のやる気を引き出し、能力を十分に発揮させるための新たなやり方が求められている。タカラトミーや新日本プロレスでプロ経営者として社員を巻き込み、立て直しに成功したハロルド・ジョージ・メイ氏に、部下との関係性を築くコツを聞いた。

●CONTENTS 2

〝挑戦〟を生む目標管理のフレームワーク「OKR」でイノベーティブな組織をつくる

Resily株式会社 取締役
西川哲郎

KDDI株式会社 サービス企画開発本部 企画開発戦略部 統括グループ グループリーダー
上谷真史

GoogleやFacebookが積極的に取り入れたことで注目を集め、革新的な目標設定・管理手法として知られる「OKR」。法人向けクラウドOKRサービスを提供するResily株式会社の西川哲郎氏と、2020年夏にOKRを導入したKDDI株式会社の上谷真史氏の対談を通して、OKRの効果的な導入方法のヒントを探る。

特別企画

対話によってやる気と能力をぐいぐい引き出す〝部下が主役〟の1on1

Zホールディングス株式会社 執行役員
本間浩輔

コロナ禍によりテレワークが日常的なものとなり、コミュニケーションの場がリアルからオンラインへと移行した企業は多い。

便利さを享受する一方で、私たちが意識しなければならないのは、対話の〝質〟だ。

2017年にダイヤモンド社から刊行された『ヤフーの1on1』で、社員の才能と情熱を解き放つ対話について語った本間浩輔氏。

いま改めて問いたい、社員のやる気と能力を引き出すコミュニケーションとは。

社員教育に役立つコンテンツ

  • [教育担当者インタビュー]株式会社東芝 人事・総務部 人事企画第一室 人材・組織開発企画グループ スペシャリスト 関 清香
  • [イチオシ講師]〝想像力〟から相互理解へ。これからの組織と個に必要な価値観 信州大学特任准教授 山口真由
  • [スペシャル] オンラインゲームで仕事を疑似体験 自ら考え、自ら動く「自律型人材」を育てる 〝体感型〟新入社員研修をひも解く グローバルアストロラインズ株式会社 代表取締役 児玉教仁
  • [レギュラーコンテンツ]ノビテクマガジン主催 講演会開催のお知らせ/研修講師リレーコラム -第27回-菅野昭子/編集後記/次号予告/読者プレゼント/ノビテクマガジン会員登録のお知らせ

 

[教育担当者インタビュー]
株式会社東芝 人事・総務部 人事企画第一室 人材・組織開発企画グループ スペシャリスト  関清香

相手の心に灯をともしながら「感情に響かせる」人材開発に挑戦

日本を代表する企業、東芝グループ。大企業であるだけに、その教育制度は画一的だと思われがちだが、実は一人ひとりの心に寄り添った人づくりに取り組んでいる。東芝ビジネスエキスパート株式会社で長くグローバル研修を担当し、現在は株式会社東芝の人事・総務部で人材・組織開発企画を担当する関清香さんに、人づくりの極意を聞いた。

[イチオシ講師]信州大学特任准教授 山口真由

〝想像力〟から相互理解へ。これからの組織と個に必要な価値観

デジタルに慣れ親しみ多様なカルチャーを浴びて育ってきた世代と、会社へのコミットメントの強さが評価に直結していた世代との間には、深い溝がある。従来の家族型の組織モデルでは、若い世代を取り込むことは難しい──そう話すのはニューヨーク州弁護士であり「家族法」の研究者でもある山口真由氏。ハーバード大学への留学を経験し、国内のみならず海外の事情にも詳しい山口氏に、未来における日本企業のあるべき姿を聞いた。

[スペシャル]グローバルアストロラインズ株式会社 代表取締役 児玉教仁

オンラインゲームで仕事を疑似体験 自ら考え、自ら動く「自律型人材」を育てる〝体感型〟新入社員研修をひも解く

2021年4月、デジタル教育ソリューションの開発を行うグローバルアストロラインズ株式会社と株式会社ノビテクが共同開発した新入社員向けオンラインビジネスゲーム研修『〝新〞仕事の進め方研修』がスタートする。コロナ禍で人々の働き方が大きく変わるなか、そもそも新入社員研修はどうあるべきなのだろう。ウィズコロナ、アフターコロナ時代に先駆けた〝新しい研修のカタチ〞について、グローバルアストロラインズ株式会社の代表である児玉教仁氏に聞いた。

研修講師リレーコラム -第27回-/菅野昭子

新入社員を育てる言葉がけ〜ペップトーク活用のすすめ〜

ノビテクマガジン会員限定 Zホールディングス株式会社 執行役員 本間浩輔氏Resily株式会社 代表取締役 堀江真弘氏講演

「部下が主役の1on1環境をつくるには」「リモートワーク下でのパフォーマンス管理」

ノビテクマガジン倶楽部へのご登録の詳細は、こちらをご覧ください

■ご登録特典
特典1:ノビテクマガジンを毎号無料でお届け!
(定価780円のところ無料にてお届け!送料も編集部が負担!)
特典2:ノビテクマガジン倶楽部主催の講演会に会員特別価格にてご招待!
特典3:注目の講師情報が満載のメルマガ配信!

会員