INDEX -目次-

VOL.28
APRIL 2020 CONTENTS

〔特集〕

ワークショップ

20世紀初頭に、演劇からスタートした『ワークショップ』。
日本語では『体験型講座』と言われ、参加者が主体的に作業や発言などを行うなかで、学びが得られる手法です。
ビジネスシーンでもよく耳にするようになりましたが、実際どのように取り入れられているのでしょうか?
今回の号では、ワークショップの基本から、人材育成や組織開発での活用法、ワークショップで失敗しないために大切なことなど、様々な分野の専門家を通じて考察しました。

●CONTENTS 1

身体を動かし、
楽しみながら学ぶことで
受講者の「体質」を変えていく

劇作家/演出家
平田オリザ

劇作家・演出家だけでなく、文芸や言語、教育などの分野でも活躍中の平田オリザ氏は、演劇の手法を応用したワークショップを開催している。企業や行政などの依頼を受けて企画される成人向けのワークショップでは、参加者同士が身体を動かしながらどんなことを行い、その場を楽しむことで何が学べるのかを訊いた。

●CONTENTS 2 

ワークショップ

わしょクック株式会社 代表取締役社長
富永紀子

株式会社hamo-labo 代表取締役CHO
杉田篤史

おとなの図工クラブ/合同会社anohi 代表
鎌田奈那美

〝気軽に楽しく参加できるもの〟というイメージのワークショップ。ここでは、料理、歌、図工と、ちょっと変わった、楽しくて身になるワークショップをご紹介します。それぞれのワークショップでどんなことが行われ、なにが得られるのでしょうか。

●特別企画

ワークショップを「デザイン」する

G office 代表
青山学院大学客員准教授

内山 厳

近年、さまざまな職場や組織、団体で行われるようになったワークショップ。「学びが深まった」と感じられるものもあれば、「集まって話しただけで終わってしまった」という残念なものも……。ワークショップの特性を最大限生かすために、企画・運営側はどのような点に気をつけて〝場づくり〞を行えばいいのだろうか。企業研修の研修講師として活躍し、青山学院大学で「ワークショップデザイナー育成プログラム」の講師も務める、内山厳さんに話をうかがった。

[イチオシ講師]競泳オリンピアンとして、大学で研究した博士として、私が伝えたい「心と体」と「メンタルタフネス」のこと

  • 伊藤華英
  • 競泳オリンピアン(北京/ロンドンオリンピック水泳女子日本代表)日本ピラティス指導者協会公認マットピラティスコーチ
  • 2008年、女子競泳100m背泳ぎで日本新記録を樹立。競泳アスリートとして北京・ロンドンと2度のオリンピックを経験した、伊藤華英さん。引退後は、ピラティスの指導資格と共に、順天堂大学大学院にてスポーツ健康科学の博士号を取得した。競泳オリンピアンや博士、講師などさまざまな顔を持つ、伊藤華英さんの魅力に迫る。

 

[教育担当者インタビュー]ロクシタンジャポン株式会社 管理本部 人事総務部 人材開発担当マネージャー 毛利麻美子

「ロクシタンらしさ」を徹底的に追求した人づくり
自然由来のコスメティックスで高い知名度を誇り、その品質の高さに厚い信頼が寄せられているロクシタンジャポン株式会社。当社の哲学でもある人を尊重することを大切にした「ロクシタンならではの人づくり」について、人事総務部で人材開発担当マネージャーを務める毛利麻美子さんに訊いた。

[レギュラーコンテンツ]

  • ノビテクマガジン講演会レポート
  • 研修講師リレーコラム -第24回-/山田真紀
  • ノビテクマガジン主催 講演会開催のお知らせ
  • プロノイア・グループ×ノビテクマガジンレポート
  • 編集後記/次号予告/読者プレゼント
  • ノビテクマガジン会員登録のお知らせ

 

ノビテクマガジン倶楽部へのご登録の詳細は、こちらをご覧ください

■ご登録特典
特典1:ノビテクマガジンを毎号無料でお届け!
(定価780円のところ無料にてお届け!送料も編集部が負担!)
特典2:ノビテクマガジン倶楽部主催の講演会に会員特別価格にてご招待!
特典3:注目の講師情報が満載のメルマガ配信!

会員誘導_710_360