高橋博之【目次】一次産業の声なき声を伝える

「拡声器」の役割を果たし一次産業の声なき声を伝える 高橋博之

高橋 博之

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , ,

2020年06月19日

「拡声器」の役割を果たし 一次産業の声なき声を伝える

自分が本当にやりたいことを説明し、協力を得られるまでに納得してもらうのは並大抵のことではない。相手が初対面の人や、異業種の人であればなおさらだ。しかし、それを実現してきたのが高橋博之という人物。新しいメディアやサービスを立ち上げ、生産者と消費者をつなげる「縁の下の力持ち」に、相手の心を動かす〝伝え方の極意〞を訊いた。

中澤仁美≫ 文、佐々木信之≫ 写真

(※本記事は、2020年1月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

高橋博之(たかはし・ひろゆき)

1974年、岩手県花巻市生まれ。岩手県議会議員を2期務めた後、2013年にNPO法人東北開墾を立ち上げ、食べ物付き情報誌「東北食べる通信」編集長に就任。2014年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設。2016年、農家や漁師から旬の食材を直接購入できるスマホアプリ「ポケットマルシェ」をローンチ。『だから、ぼくは農家をスターにする──「食べる通信」の挑戦』(CCCメディアハウス)、『都市と地方をかきまぜる──「食べる通信」の奇跡』(光文社)など著書も多数。株式会社ポケットマルシェ代表取締役社長、一般社団法人日本食べる通信リーグ代表理事、非営利活動法人東北開墾代表理事。

3.11で初めて知った食べ物が作られるプロセスの魅力

生産者と消費者を直接つなぎ、出品や購入、メッセージのやり取りなどを自由にできるCtoC型のプラットフォーム、それが”ポケットマルシェ”。一次産業従事者のみが出店者となり、自ら価格や販売量などをコントロール。商品や生産者そのものに魅力を感じた消費者は…

≫ 高橋博之【第1回】一次産業の声なき声を伝える

出たとこ勝負の旅に似た独自のやり方で講演し聴衆に「熱」を伝える

講演やプレゼンテーションをする機会も多い高橋氏だが、その方法はかなり独特だ。「90分間ほどの長めの講演であっても、スライドなどの資料は一切用意しません。言葉と身振り手振りで伝えます。毎回、聴衆に寝られてしまったら僕の負けだと思って…

≫ 高橋博之【第2回】一次産業の声なき声を伝える

講師への講演依頼はノビテクビジネスタレントで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • MEETING SPACE AP 株式会社TCフォーラム

    MEETING SPACE AP 株式会社TCフォーラム
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。