宇都出雅巳【目次】独学で成功する人・成功しない人

宇都出雅巳 - 独学で成功する人・成功しない人

宇都出 雅巳

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , ,

2019年03月08日

独学で成功する人・成功しない人

低予算かつ自分のペースで学習できるのが、独学の特徴だ。効果的に行えば、スクールやセミナーに頼らずとも成果を出せる。『合格(ウカ)る技術』『「1分スピード記憶」勉強法』などの著書がある、勉強法指導の達人・宇都出雅巳氏に独学の秘訣を聞いた。

(※本記事は、2014年4月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

【第1回】勉強する動機を自分自身とリンクさせる

独学を成功させるために最も大事なこと。それは「最初から頑張り過ぎないこと」だと宇都出氏は言う。人は新しいことを始めるとき、最初はやる気が高く、つい頑張り過ぎてしまう。しかし、やる気はだんだんと下がってくるもの。頑張りは続かず、多くの人が落ち込んで挫折してしまう。そうならないために…

≫ 【第1回】勉強する動機を自分自身とリンクさせる

【第2回】忙しくて時間が無い、という発想は捨てること

また、ある状況のときに勉強すると決めるのも継続に有効だと宇都出氏。例えば、朝起きてイスに座ったら新聞を読む。寝る前にベッドに入ったら本を読む、など。日々必ず行う行動とセットにして勉強を組み込めば、無理なく継続できるようになるのだそう…

≫ 【第2回】忙しくて時間が無い、という発想は捨てること

【第3回】「分からないこと」は発見だと前向きに捉えるべき

資格試験の勉強では、本番の試験にもっとも近い、過去問題集にすぐに取り組むことが最も効率的な方法だという。しかも、「解く」のではなく「読む」。さらに、分からないところが出てきても気にしないで進むことだというのだ。独学が続かない人には、分からないことをなんとかわかろうと頑張った末、心が折れて挫折してしまうケースが多い…

≫ 【第3回】「分からないこと」は発見だと前向きに捉えるべき

【第4回】実践で使わなければ勉強したと言えない

現代は必要な情報やモノが手に入れやすくなっている。勉強をしようと思えば、本や参考書だけでなく、雑誌や新聞やインターネット、アプリなど、身の回りに幾らでもツールがあると宇都出氏。代表的なツールの中から、幾つかその特徴と効果的な使い方を解説してもらった…

≫ 【第4回】実践で使わなければ勉強したと言えない

講師への講演依頼はノビテクビジネスタレントで!

速読勉強術、仕事のミスをなくすビジネススキルに関する講演、研修などができる宇都出 雅巳トレスペクト教育研究所代表
宇都出 雅巳 講師のプロフィールはこちら

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。