室山哲也【目次】好奇心こそ科学を探求する出発点

室山 哲也

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , ,

2020年06月12日

好奇心こそ科学を探求する出発点

『ウルトラアイ』『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』──。誰もが知っている番組の制作に携わり、解説主幹としてカメラの前にも立ってきた室山哲也氏。とっつきにくい科学の話をわかりやすく、興味がそそられるように伝えるプロフェッショナルだ。万人を惹きつける番組作りの極意を披露してもらうと同時に、その経験を生かした講演活動の魅力に迫った。

中澤仁美≫文、櫻井健司≫写真

(※本記事は、2020年1月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

室山哲也(むろやま・てつや)

日本科学技術ジャーナリスト会議副会長/元NHK解説主幹/大正大学客員教授/東京都市大学特別教授/科学ジャーナリスト プロデューサー
1953年、岡山県倉敷市生まれ。1976年にNHKへ入局し、科学・環境番組部で『ウルトラアイ』『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』などの番組を手がけ、チーフプロデューサーに。解説主幹としても活躍したが、2018年に定年退職。現在は複数の大学で教鞭を執るほか、主に科学をテーマにした講演を数多く行っている。モンテカルロ・テレビ祭ゴールデンニンフ賞、シルバーニンフ賞、レーニエ3世賞など受賞歴多数。産業構造審議会委員や宇宙科学評議会評議員なども歴任。日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、元NHK解説主幹、大正大学客員教授、東京都市大学特別教授。武蔵野美術大学講師。

まさかの異動がきっかけで科学番組の作り手に

「もともとは科学が好きではなかった」40年近くにわたりNHKで科学番組の制作に携わった室山哲也氏が冒頭に発した言葉は、なんとも意外なものだった。大学時代の専攻は国際法と憲法だったが、ジャーナリズムに興味を引かれてNHKに入局。当初は宮崎放送局で、社会派のドキュメンタリーや報道番組などを数多く手がけた…

≫ 室山哲也【第1回】好奇心こそ科学を探求する出発点

飾らない体当たりの取材が想像を超える番組を生み出す

とっつきにくいイメージを持たれがちな科学番組を万人向けにするためには、どのような視点が必要なのだろうか。「僕の場合、子どものような好奇心を大切にしていました。視聴率を上げるために…

≫ 室山哲也【第2回】好奇心こそ科学を探求する出発点

企業人として、大人として幸せな未来のために

室山氏が講演するテーマは幅広いが、その一つがSDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))だ。2015年の国連総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で、17のゴールと169のターゲット(より具体的な目標)が設定されている…

≫ 室山哲也【第3回】好奇心こそ科学を探求する出発点

講師への講演依頼はノビテクビジネスタレントで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • MEETING SPACE AP 株式会社TCフォーラム

    MEETING SPACE AP 株式会社TCフォーラム
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。