ピョートル・フェリクス・グジバチ【目次】 ダイバーシティ論 多様性のある組織だけが生き残る

ピョートル・フェリクス・グジバチ氏が語る ダイバーシティ論 多様性のある組織だけが生き残る

ピョートル・フェリクス・グジバチ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , , , , , , , , ,

2018年12月21日

ダイバーシティ論 多様性のある組織だけが生き残る

日本で「ダイバーシティ」という言葉が課題になってから、すでに数年が経った。しかし、その中身をきちんと理解し、実践している企業は決して多くはない。ポーランドで生まれ、ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後で来日し、国内外の企業の多様性を実際に体験したピョートル・フェリクス・グジバチ氏に、日本の現状と、ダイバーシティ実現のために取り組むべきことがらを聞いた。

白谷輝英 ≫ 文 佐々木信行 ≫ 写真

(※本記事は、2018年1月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

【第1回】多様性を高めることが企業生き残りの近道

今やほとんどのビジネスパーソンは、ダイバーシティという言葉を耳にしたことがあるでしょう。しかし、なぜそれが必要なのか理解している人は、決して多くないように見えます。ダイバーシティが生み出す最大の効果は…

≫ 【第1回】多様性を高めることが企業生き残りの近道

【第2回】国や個人レベルでもダイバーシティが進む

私が以前勤めていたグーグルでは、「社内の多様性が社外のそれより低ければ、多彩なユーザーの気持ちなど分からない」という発想の元、多種多様な人材を集めていました。その姿勢は、今も変わっていません。グーグルの東京オフィスには、さまざまな国籍の人々が集まっています…

≫ 【第2回】国や個人レベルでもダイバーシティが進む

【第3回】組織の形を変えながら多様な人材を取り込む

日本企業に強調したいことが、1つあります。それは、「外見が異なる人を採用することだけがダイバーシティではない」ということです。世の中には、ダイバーシティを実現するために女性を○%、外国人を○%採用しようなどの目標を立てる企業があります。でも…

≫ 【第3回】組織の形を変えながら多様な人材を取り込む

【第4回】海のように全てを受け入れる組織づくりを

すでに述べたように、日本企業には「生産効率を求め、多様化を拒否する」タイプの人が少なからずいます。しかし、私は絶望していません。日本、特に東京には、多様な人材を取り込むポテンシャルがあると思っているからです。東京は、実は多様性にあふれた街です。アメリカの場合…

≫ 【第4回】海のように全てを受け入れる組織づくりを

講師紹介

ピョートル・フェリクス・グジバチ

ピョートル・フェリクス・グジバチ(Piotr Feliks Grzywacz)
プロノイアグループ株式会社 代表取締役
モティファイ株式会社 取締役 チーフサイエンティスト
ポーランド生まれ。2000年に来日。ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメント、2014年からグローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年独立して現職。 プロノイア社では、国内外の様々な企業の戦略、イノベーション、管理職育成、組織開発のコンサルティング・研修を行なう。モティファイは、社員とメンターが双方で使うユニークな人材育成プログラムや、働きやすい企業の環境づくりを支援する人事ソフトベンチャー。

講師への講演依頼はノビテクビジネスタレントで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。