北田雄夫【目次】レースの舞台は「地球」! – イチオシ講師

北田雄夫 - レースの舞台は「地球」! - イチオシ講師

北田 雄夫

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】

2020年10月12日

[NOBETECH MAGAZINE イチオシ講師]北田雄夫 レースの舞台は「地球」! もっとも過酷かつ魅力的なマラソンを駆け抜ける

「アドベンチャーマラソン」という世界がある。砂漠や雪山、ジャングルといった壮大な自然の中を数日、時には1か月近くの期間をかけてゴールを目指す。命を落とすリスクすらある、いわば「常軌を逸した」
挑戦だ。この過酷を極めるレースに挑み続け、日本人初の世界7大陸アドベンチャーマラソン走破を達成したのが、北田雄夫という男だ。限界を超えた先にどんな景色が見えたのか、語ってもらった。
(※本記事は、2020年10月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

猪俣奈央子≫ 文

北田 雄夫(きただ・たかお)

アドベンチャーランナー
1984年生まれ、大阪府堺市出身。中学から陸上競技をはじめ、大学3年時に日本選手権第3位に輝く(4×400メートルリレー)。就職後もマラソンやトライアスロンなどの経験を積み、30歳で退職してからはアドベンチャーマラソンに参戦。2014年の初レース(ゴビ砂漠)を皮切りに、世界各地の極限的な環境で走り続けている。2017年に日本人として初めて、世界7大陸(アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、南極)で開催されるアドベンチャーマラソンをすべて走破した。

北田雄夫【第1回】レースの舞台は「地球」!

アドベンチャーランナーに必要なスキルは、一般的なアスリトとはかなり異なるという。「レース中、足のケガや熱中症などの体調不良は当たり前。病原菌を媒介する虫や毒蛇に遭遇する、極寒の地で凍傷になったり、極度の疲労で幻覚が見えるといったことも経験しました」…

≫ 北田雄夫【第1回】レースの舞台は「地球」!

北田雄夫【第2回】レースの舞台は「地球」!

常に〝想定外〞が起こる苛烈な環境を駆け抜けてきた北田氏。どのようにメンタルを保ちながら体を前に運ぶのだろうか。「つらくなったときは、『まだまだ行けるだろ!』と自分を鼓舞することもあれば、『もうどうでもいいや』とあえて弱音を吐くこともある。そうやってバランスを取ることで、心が折れないようにコントロールしているのです」…

≫ 北田雄夫【第2回】レースの舞台は「地球」!

講師への講演依頼はノビテクビジネスタレントで!

モチベーション、健康・メンタル、夢・チャレンジ北田雄夫アドベンチャーランナー 北田雄夫 講師のプロフィールはこちら

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • MEETING SPACE AP 株式会社TCフォーラム

    MEETING SPACE AP 株式会社TCフォーラム
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。