バンダイナムコ×ノビテク【目次】ビジネスゲームに活用される「ゲームメソッド」とは

ビジネスゲームに活用される「ゲームメソッド」とは

「なぜ、ゲームメーカーが社員研修プログラムを!?」バンダイナムコゲームスが研修業界へ参入。その背景にはどのような考えがあるのか、「楽しい研修」というのは本当に成立するのかなどについて、バンダイナムコゲームスの社長室 新規事業部のゼネラルマネージャー・一木裕佳氏とマネージャーの梅田昌史氏に聞いた。

本間貴史≫文 櫻井健司≫写真

(※このインタビューは『ノビテクマガジン創刊号』発行時の2013年7月に収録した内容の再掲です。)

【第1回】研修を夢中にさせる!ゲームメソッドで研修革命

シーンの一コマだけを切り取れば、従来の社員研修とかけ離れた光景に見えることだろう。子ども時代に親しんだカラフルなブロックを夢中で組み合わせて、「やっと達成できた・・・」と安堵の表情を浮かべるビジネスパーソン。また、別の社員研修プログラムでは、受講生が手もとのカードを真剣な表情で眺め、ゲームに没頭している…

≫ 【第1回】研修を夢中にさせる!ゲームメソッドで研修革命

【第2回】バンダイナムコゲームスの知見

高齢者のリハビリのプロジェクトでは、『太鼓の達人』や『ワニワニパニック』といったロングセラーのアーケードゲームがベースとなった。通常のリハビリは、単純動作の繰り返しなので辛いものになりがちだが、ゲームを通じて手を動かすと、毎日やってみたくなるもの、失敗しても再チャレンジしようと思えるものになる。高齢者向けということで、当初、リハビリマシンをゲームっぽくカスタマイズしたが、想定していた効果は得られなかった…

≫ 【第2回】バンダイナムコゲームスの知見

【第3回】ゲーム会社のノウハウや設定が、自分の会社にあてはまるだろうか?

ここまで出てきた「ゲーム会社の知見を結集してつくられたもの」、「ゲーム会社に入社する設定」という要素が、同社の開発した社員研修プログラムを他にはないものにしている。だが、一方で、異なる分野の教育担当者には、「ゲーム会社のノウハウや設定が、自分の会社にあてはまるだろうか?」という不安もあるだろう…

≫ 【第3回】ゲーム会社のノウハウや設定が、自分の会社にあてはまるだろうか?

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。