宇都出雅巳【目次】速読勉強術のプロ まとめてグルグル10冊書評

速読勉強術のプロ 宇都出雅巳のまとめてグルグル10冊書評

宇都出 雅巳

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年04月27日

【第1回】なぜこの企画が生まれたのか?私は何者か?

きっかけは「“速読のプロ”ならどう読むの?」という質問
「“速読のプロ”である宇都出さんなら、この本をどう読みますか?」
今年(2014年)の春ごろ、ノビテクマガジンの八波さんと講演の打ち合わせをしているとき、八波さんが今読んでいるという本を取り出して質問…

≫ 【第1回】なぜこの企画が生まれたのか?私は何者か?

【第2回】本とあなたの間でどんな反応が起こっていますか?

10冊の本のタイトルを読んでどうでしたか? ちなみに覚えていますか?
と言われて、「え?」と固まった人がいるかもしれませんが、別に試験ではないので、リラックスしてください。でも、どんな本があったか思い出してみてください。思い出せなくても全く問題ありませんので。おそらく、スラスラと10冊のタイトルを思い出せた人はいないでしょう。それぐらい人は…

≫ 【第2回】本とあなたの間でどんな反応が起こっていますか?

【第3回】タイトル・目次・プロローグの読み方

☆まずはタイトルをチェック
最初に取り上げるのは、『仕事が楽しくなる! 25のルール――学校も上司も教えてくれない働き方の黄金法則』です。タイトル、サブタイトルの言葉からわかるように、「仕事」「働き方」についての本ですね。そして、「楽しくなる」というのが大テーマといえそうです。…

≫ 【第3回】タイトル・目次・プロローグの読み方

【第4回】はじめに(まえがき)をチェック

☆タイトル、目次、プロローグの次は「はじめに(まえがき)」をチェック
本の読み方ついでに、さらに読み方について新たな解説をします。それは、目次のあとは「はじめに(まえがき)」を読むということです。目次は本の内容・構造を素早く、効率的、効果的に知るための重要なツールですが、そこからすぐに本文に入る前に、おすすめなのが「はじめに」を…

≫ 【第4回】はじめに(まえがき)をチェック

【番外編】仕事効率を高める読書術

今回のグルグル10冊書評は、番外編として、2月3日に実施した、スクーWEBキャンパスのオンライン授業で扱った書籍「かばんはハンカチの上に置きなさい」(著/川田修 ダイヤモンド社)の書評をお届けします。「仕事効率を高める読書術」というテーマでオンライン授業を行ったのですが、その中で速読実践する本としてこの本が選ばれ、30分間速読を実践いたしました…

≫ 【番外編】仕事効率を高める読書術

【第5回】これって本当に速読?

でも、「これのどこが速読なんだ!」と思っている人がいるかもしれません。確かに、速読というと目を速く動かしたり、ページを素早くめくって目に焼き付けていくというようなイメージをお持ちの方も多いでしょうから、これが速読と聞いて拍子抜けされているかもしれませんが、これこそが速読です…

≫ 【第5回】これって本当に速読?

【第6回】この本を読んだというのはどの時点で判断するか

さて、最終的にこの『仕事が楽しくなる!25のルール』はどのように読んでいけばいいのでしょう? どこで「この本を読んだ」と言えるのでしょう?こういったビジネス書、ノウハウ本の場合、見ていかなければならないのは、本を読んで「そういうことか」とやるべきことを知って終わるのか? 実際にそれを日々の仕事で実践、行動するのか? ということです…

≫ 【第6回】この本を読んだというのはどの時点で判断するか

【第7回】宇都出式グルグル書評本格展開

今回の書籍は、『したたかな生命-進化・生存のカギを握るロバストネスとはなにか』と『学年ビリのギャルが1年で……』。さすがに長いですね(笑)。映画化も決まり、ご存じの方も多いでしょう、通称『ビリギャル』です。まずは、『したたかな生命』。いわゆる理系本です。私も文系ですから、多くの文系の人にとって、こういう理系本はちょっと敷居が高く感じるかもしれません。しかし、こういう異分野の本ほど刺激が多く役立つこと…

≫ 【第7回】宇都出式グルグル書評本格展開

【第8回】ひきこもりと企業家

今回取り上げるのは、『ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ』(吉本隆明著)と、『「俺のイタリアン」を生んだ男―「異能の企業家」坂本孝の経営哲学』(尾崎弘之著)です。まずは、『ひきこもれ』。若い人には吉本隆明という名前を聞いてもピンとこないかもしれません。以前は「吉本ばななさんのお父さん」なんていう説明もされていましたが、今ではそれでもわからない人も多いでしょう。そもそも吉本隆明さんがどういう人かは…

≫ 【第8回】ひきこもりと企業家

【第9回】パンツを脱ぐ勇気とマネジメント

今回は、『パンツを脱ぐ勇気』(児玉教仁著 ダイヤモンド社)と、『マネジメント [エッセンシャル版]』(P.F.ドラッカー著 上田惇生編訳 ダイヤモンド社)です。今回取り上げるのは、ちょっと驚くタイトルの『パンツを脱ぐ勇気』(児玉教仁著 ダイヤモンド社)と、大ベストセラーとなった『もしドラ』こと『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)で再び注目されたドラッカーの『マネジメ…

≫ 【第9回】パンツを脱ぐ勇気とマネジメント

【第10回】サブタイトルに意識を向ける

10冊書評も最後の3冊となります。以下の3冊です。
『町工場の娘』(諏訪貴子著 日経BP)、『世界の働き方を変えよう』(吉田浩一郎著 総合法令)、『経営者格差』(藤井義彦著 PHP新書)。タイトルを見ただけではあまり共通点がないようですが・・・、もう一歩突っ込んで、サブタイトルを見てみましょう。『町工場の娘――主婦から社長になった…

≫ 【第10回】サブタイトルに意識を向ける

【第11回】速読法=高速大回転法

【グルグル10冊書評】第一弾まとめ
さて、2時間余りで10冊を読んだものの、その紹介には半年以上かかってしまいました(汗)。速読法=高速大回転法をご紹介しつつ、10冊の本をグルグルと回転させてきましたが、いかがだったでしょう?10冊のうち、すでにご存知の本があったかもしれませんし、このコラムをきっかけに…

≫ 【第11回】速読法=高速大回転法

講師への講演依頼はノビテクマガジンで!

速読勉強術、仕事のミスをなくすビジネススキルに関する講演、研修などができる宇都出 雅巳トレスペクト教育研究所代表
宇都出 雅巳 講師のプロフィールはこちら

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • 講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント

    講演依頼/講師紹介 nobetech BUISINESS TALENT ノビテクビジネスタレント
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。