NOBETECH MAGAZINE
BACK NUMBER
ノビテクマガジンバックナンバー

ご興味のあるバックナンバーがございましたら、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

LATEST ISSUE 最新号

VOL.30 <br />JANUARY 2021 CONTENTS

〔特集〕

この新しい時代に求められる人材とは

●CONTENTS 1

「自ら幸せになれる人」「他者を幸せにできる人」が新時代を築いていく慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授前野隆司

●CONTENTS 2

work、life、socialを行き来する融通無碍の精神が人生に好循環をもたらすNPO法人コヂカラ・ニッポン 代表/NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事株式会社 K & Partners 社長川島高之

BACK NUMBER バックナンバー

ノビテクマガジン Vol.25

VOL.25 <br />JULY 2019 CONTENTS

〔特集〕

はたらくをたのしむ

総務省の労働力調査でも明らかなように、就業者数は6年連続で増加しており、多くの人にとって仕事が人生の中で大きなウェイトを占めつつあります。

人生に大きな影響を与える仕事だからこそ、楽しく働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。

今号では、「楽しく働く」というのはどういうことか、楽しく働ける環境を作っている企業や、楽しく働いている人、楽しく働くことを推進している人を通じ、楽しく働くというのはどういうことかを特集しました。

ノビテクマガジン Vol.24

VOL.24 <br />APRIL 2019 CONTENTS

〔特集〕

共感力

生産性や効率性を追求する時代から、幸せに重きを置く時代へとシフトし始めている今、社会で『共感力』が求められています。
『共感力』とは、相手の気持ちを汲み取り、寄り添うことができる力で、人材育成・組織開発の観点においても、重要なもの。

今までリーダーシップといえば、一人のカリスマ的リーダーが圧倒的なリーダーシップで組織を率いることが多かったのですが、これからは人の話を聞き、寄り添うことができる人間性豊かなリーダーシップが求められるでしょう。また、人の価値観がどんどん多様化してきている今、企業の価値構築の鍵になるのが『共感力』です。

この号では『共感力』とは何か?また『共感力』がもたらす力、どのようにすれば『共感力』を伸ばすことができるのかを特集します。

ノビテクマガジン Vol.23

VOL.23 <br />JANUARY 2019 CONTENTS

〔特集〕

進化

私たちを取り巻く環境は急速に変化している。この目まぐるしく変化していく環境に、人はどのように対応し、進化しているのか。

「変容」、「適応」、「適合」、「順応」など、進化には様々な形態があるが、この号では人材開発・育成の観点から、「人の『進化』とは何か?」、「今後、人はどのように『進化』していくのか?」など、さまざまな種類の『進化』について特集する。

ノビテクマガジン Vol.22

VOL.22 <br />OCTOBER 2018 CONTENTS

〔特集〕

リベラルアーツ-生きた教養を身につける-

与えられたことをこなすだけでいい時代は終わり、これからは自ら考え人生に新たな局面を切り開いていける幅広い教養を持つ人が必要とされている。

様々な教養を身につけることで、物事の本質を見抜く洞察力や発想力が高まり、仕事だけでなく人生での選択肢も広がる。人が自由に生きるための教養、それが「リベラルアーツ」である。

この号では、「リベラルアーツ」とは何か?この教養を身につけることによりどういったスキルが手に入り、それが個人の人生、そして組織にとってどんな恩恵があるのかを特集する。

ノビテクマガジン Vol.21

VOL.21 <br />JULY 2018 CONTENTS

〔特集〕

Thinking-価値創造と思考-

テクノロジーの急速な発展により産業構造が変化し、製品やサービスをただ売るだけといった従来のビジネススタイルの企業ではなく、新しい価値を創造する企業が時代を牽引している。この変化に伴い、ビジネスにおいての思考法にも変化が起きている。

ロジカルシンキングのような「フレームワーク思考法」だけにとらわれずに、もっと伸びやかかつ自由な発想で価値創造できる思考法が今必要とされている。

この号では、価値創造するために必要な思考法とはなにか?今後企業が取り入れていったほうがいい思考法と、活用方法などを特集する。