目指せ!デキるビジネスパーソン~マグロ船から学んだ全てのこと~
【第8回】マグロ漁は、“儲ける”ためではなく、 “モテる”ためにやる!

齊藤 正明

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , , ,

2016年02月04日

マグロ漁は、“儲ける”ためではなく、 “モテる”ためにやる!

船に乗る前は、「マグロってたくさん捕れて、甲板でビタビタ暴れてるんだろうなぁ」と想像をしていましたが、現実にはマグロはなかなか捕れないようです。

 

マグロの種類によって捕れる数は大きく変わるようですが、私が乗ったときの獲物であった、メバチマグロやキハダマグロは、平均すると30分に1匹かかる程度です。

 

ただしあくまでも平均なので、群れに当たれば一気に捕れますし、そうでないときは、何時間も縄を揚げるだけの単純作業が続きます。

 

「普段は明るい漁師たちも、不漁のときにはさすがに元気もなくなり、ピリピリした雰囲気になるだろうなぁ……」と思っていた私は、不漁の日は、意識しておとなしくしていました。

 

しかし実際、どうだったかと言いますと、「あの店、パチンコ、あんまり出さんようになったのぉ」という感じでパチンコの話をするか、「○○丸の機関長が、『あの店のおなごはみんなキレイじゃ』って言うちょったど」など、どうでもいいような話で、みんなゲラゲラ笑いあっていました。

 

つまり、漁師はマグロが捕れても捕れなくても楽しそうに働いていたのです。

 

 

漁師に、「マグロがいっぱい捕れるときには元気なのはわかりますが、マグロが捕れないときにもみんな元気ですね」と言うと、「マグロを捕るためにやっちょるわけではねぇけんのぉ」と、理解できないことを言われました。では、何のために漁をしているのか理由をたずねると、次のように話してくれました。

 

「まぁ“遊び”よの。 みんなとおしゃべりするためにやっちょる」

「はぁ?! じゃあ、あの過酷な肉体労働は何なんです?」

「あれは、筋トレじゃ。 筋肉があれば女にモテるじゃろうが」

 

「筋肉があれば女にモテる」という漁師の理屈はさっぱりわからなかったのですが、「皆さんにかかると、何でも楽しくなるんですね」と、少し嫌味を込めたような言い方をしました。

 

すると漁師は、「コイツは何もわかってねぇ」と言いたげな、少し厳しい顔つきになり、「マグロが捕れるかどうかは、漁場を決めた時点で、もうどうにもならねぇ。読みが当たちょれば捕るるし、そうでなければ捕れねぇ」と話してくれました。

 

捕れないからといって船員のやる気を落としてしまうと、作業が緩慢になって事故につながるそうです。

 

 

「おいどーらも、つまんねーことや、辛ぇことやらはいくらでもある。けんどの、それを言い始めたらキリねぇし、いいことねぇじゃねぇか」

「じゃあ、つまんないことを楽しく変える工夫って何ですか?」

「そいつは簡単ど。 “サッカー”でも“将棋”でも、“ゲーム”やらが楽しいんは、なかなかうまくいきよらんからじゃろ」

「サッカーなんかは、1点がなかなか入らないですよね……。 『点、入れ放題です』と言われたら、逆に楽しくないでしょうね」

「そげーじゃろ? じゃから、うまくいかねぇってんは、本当は楽しいんど」

「『仕事はお金をもらうんだからツマラナイもの』っていう常識は、実は間違いなのかもしれないですね」

 

 

企業でも、「計画を立てたとおりに、なぜ売上が上がらない!?」というような、ツライ時期というものはあると思います。

 

こうしたときに理屈を使い、部下に対して、「給料をもらってんだから、とにかくやれ!」と怒鳴ったところで、嫌々させたところで成果は上がらないでしょう。

 

上司の立場にある者は、マグロ船のように、部下が「ツライ」、「うまくいかない……」と感じている仕事を、「どうやったら楽しく感じてもらえるか?」というところに知恵を働かせ、「仕事ってな、ゲームとかスポーツと同じなんだぞ。なかなかうまくいかないから、君がいる意味がある。一緒に知恵を出し合って、目標をクリアしていこうじゃないか!」と励まし、楽しさを見いださせ、やる気を鼓舞させていくべきものであると教わったのです。

*コラム終了のお知らせ*

 

きらめけ、マグロ塾!

目指せ!デキるビジネスパーソン 齊藤正明氏のコラムは、

【第8回】を持ちまして連載終了いたします。

長期にわたり、ご愛読いただきましてありがとうございます。

リアルな現場で日々、格闘され、学ばれていた齊藤先生の様子がとても伝わり、そして楽しいコラムでした。

コラムはいったん終了となりますが、これからも齊藤先生にご講演や研修でご登壇いただきますので、、ご興味があるかたは是非ノビテクまでお問い合わせくださいませ。

 

齊藤先生への研修、講演のご相談・ご依頼はコチラ

 

 

また直近では、ノビテクマガジンクラブ主催の講演会にてご登壇いただきます!

ぜひそちらもチェックしてくださいませ。

 

vol.11top-642.326

 

 

【バックナンバー】

<第1回>息が詰まるほど狭い空間で、船長はどのように厳しい指導や注意をするのか?

<第2回>船員のやる気を出させるため、給料以外にあげるものとは?

<第3回>優れたリーダーになるためには、”何もしない時間”が大事

<第4回>船長の命令に皆が従うのは、恐怖政治をしているからか?!

<第5回>部下の話はちゃんと聞くな!

<第6回>味がイマヒトツのマグロにも、文句を言うな!!

<第7回>部下が、「もっと叱って下さい!」と、思ってもらえる漁師流の叱責術

<第8回>マグロ漁は、“儲ける”ためではなく、 “モテる”ためにやる!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • AP 貸し会議室

    AP 貸し会議室
  • 集客イベント・セミナー向け 講師特集

    集客イベント・セミナー向け 講師特集
  • おすすめ 講演講師 連載コラム

    おすすめ 講演講師 連載コラム
  • 人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細

    人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細
  • nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

    nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。