目指せ!デキるビジネスパーソン~マグロ船から学んだ全てのこと~
【第2回】船員のやる気を出させるため、給料以外にあげるものとは?

齊藤 正明

船員をやる気にさせるため、給料以外にあげるものとは?

「マグロ船って、どれくらい儲かるの?」これは、私が一番聞かれる質問です。

 

マグロ船は、たしかに景気のいい時代はありました。40~50年前は、17歳くらいでも、ひと月に約100万円の給料をもらっていたそうです。しかしそれも今となってはすべて昔話になってしまいました。原因は、1.不漁による漁獲量の大幅な低下 2.燃料代の高騰 3.海外からの安いマグロが輸入されるようになった など様々で、とにかく結論としては、日本のマグロ漁は経営的に成り立たなくなりつつあり、廃業する船が増えているようです。

そんな状況ですので、漁師の給料がいいはずもなく、船によっての違いはありますが、一般船員の場合、だいたい40日の航海で30万円程度です。(私が乗っていたタイプのマグロ船において)

しかも、会社員と違い、ボーナスもありませんから、普通の会社員と比べて割が合わないと感じる人のほうが多いのではないでしょうか。

私はとあるマグロ船の船長に、この現状のことで話したことがあります。

 

 

「今の時代、給料でみんなのやる気を上げられないから、船長の仕事って、より難しくなりますね」

「まーのー、でも、漁師は海が好きじゃし。それにの……」

「それに、何ですか?」

「若ぇ人たちには、金やらは よーやれんようになっちょーが、『言葉』やらはいくらでもあげられるけんのー」

 

潮でシケたのか、クシャクシャになったタバコをくわえ、目は海の一点を見つめながらそう言いました。
私には当時、『言葉をあげる』という意味がまるでわかりませんでした。
私にとっての『言葉』とは、部下に「指示をしたり」、「説明をしたり」するためだけにあるものでした。

 

 

漁師たちも、もちろん、そのために『言葉』を用いるのですが、それ以上の役割が、「言葉自体が贈り物だ」という発想なのです。

つまりどういうことかと言いますと、部下の顔を見たときに頭のなかに入れておかねばならないのは、

「コイツにどげーなこと言うてやったら、コイツ、喜ぶかいのー?」

「コイツにどげーなこと言うてやったら、この船でもっと居場所ができるかいのー?」

という視点だそうです。

 

ですから普段、若い船員に声をかけてあげる言葉は、「オメー、若ぇのにうめぇのぉ」と褒めたり、「普段、ようやってくれて助かっちょるど!」というような感謝の気持ちを伝えるのです。

すると若手は、「俺、この船で大事な人間なんだ!」という、いわゆる愛社精神が生まれ、自発的に働いてくれるようになるというのです。

意外にもその一方で、高給すぎるお金を渡すと、余計に船に対する愛着はなくなってしまいます。

なぜなら、給料だけで動機づけをしようとすると、「もっと、金くれる船はねぇけぇのう?」と、いわゆる転職のようなことしか考えなくなってしまったそうです。

このような、「言葉自体が贈り物だ」という認識がないと、普段、部下とのコミュニケーションはどうなってしまうでしょうか?

お恥ずかしながら、私の場合、部下の顔を見るたびに、「この人の、どこを直してやろうか?」、「この人、また勘違いなことやっていないかな?」という、あら探しばかりをしていたのです。

もちろん、いけないところを見つけて指導してあげることは必要です。でも、それを年中やられたら、部下はたまりません。

常に自分の悪い所しか見てこない上司や経営者がいる職場のなかで、「この職場でがんばろう!」など思ってくれるはずがありません。

ですから、普段の業務のなかでは、「褒めたり、感謝を伝えるのが8割」。「指導や注意は、2割」の分量でコミュニケーションをとらないと、人はやる気になってくれないものなのです。

 

 

水揚げ (加工済み)
 

 

次回は、見張りの仕事から教わった、退屈な時間が仕事の質を向上させるというお話をしたいと思います。

 

 

 

 

マネジメント・リーダーシップ・チームビルディングについての講演会ができる、
齊藤正明氏への講演会依頼は、コチラ

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • AP 貸し会議室

    AP 貸し会議室
  • 集客イベント・セミナー向け 講師特集

    集客イベント・セミナー向け 講師特集
  • おすすめ 講演講師 連載コラム

    おすすめ 講演講師 連載コラム
  • 人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細

    人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細
  • nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

    nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。