ノビテク【第1回】ビジネス文章の悩み「表題」?「掲題」? – ビジネスマナー 教えてQ&A

ノビテク 教えてQ&A

Q:ビジネス文章の悩み 「表題」?「掲題」?

1日に100通を超えるメールをやりとりする会社で働いています。
最近、ビジネス文章的に「どうなのかな?」と思う言葉遣いがありましたので、教えてください。

よくメールの冒頭に、メールの件名を指して、

・表題の件につきまして
・標題の件につきまして
・表記の件にきつまして
・掲題の件につきまして

などと記載することがある(しているのをよく見る)のですが、この表記は、どれが正解?どれも正解?なのでしょうか?
また、どう使うのが一番いいのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

A:「表題」「標題」が良いと思われます。

この表記は、ビジネスメールでは良くみられる表記方法ですね。

今回ご質問いただいた中では、「表題」「標題」が良いと思われます。
この2つは同じ意味です。この2つには「題目の…」という意味があります。

「表記」はどちらかというと、「表記の住所につまして…」などというように、「表面に書き記したことについて」という意味合いがありますので少しずれてしまいます。

「掲題」という言葉は、広辞苑には掲載されていませんでした。
パソコンなどでは変換で「掲題」と出ますが、もしかしたら正式な言葉ではなく、造語に近いのかもしれません。
ですので、使用しない方がよいでしょう。

皆さまからのご質問(Q)を随時募集中!!

ビジネスマナーや言葉づかいなど、ビジネスに関するご質問がありましたら、ノビテクマガジン編集部まで、どしどしご応募くださいませ。応募フォームはコチラ

▼ノビテクの研修サービスのご紹介▼サービスサイトバナー

講師への講演依頼はノビテクマガジンで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。