INDEX -目次-

VOL.18
OCTOBER 2017 CONTENTS

〔特集〕

マインドセット
-自律に必要なこと-

グローバル競争の激化、技術革新、働き方の変化によって、企業はもとより個人の変化が求められる時代。そんな不確実な状況だからこそ、個人が果たす役割の重要性が増してきているのではないか。

国策でもある「働き方改革」のように環境を整えることは重要だ。しかし個人でもできることはたくさんある。今一番必要なことは一人一人が『自律的に行動する力』だ。自律的になるためには、『マインドセット』が欠かせない。

『マインドセット』のきっかけはなんだろうか。『人が自律するのに必要なこと』、『何がきっかけで自律心がついたのか』、『自律がもたらす恩恵』、『自律に必要な要素』など、多様な角度で切り込む。

●インタビュー01

変わり続ける勇気。

柔道家
野村忠宏

小さい身体。勝てない勝負。寄せられない期待。それでも未来を夢見た少年時代。 アジア人初のオリンピック3連覇を達成した柔道家・野村忠宏氏が弱さや不安と 真っ向から向き合い、覚悟を持ち続けてこられたのはなぜか?

●インタビュー02

科学で読み解くヒトの自律と幸せ

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授
前野隆司

以前はロボットに心をもたせる研究をしていた前野隆司氏。13年前にたどり着いた結論は「科学で考えると、ロボットも人間も一緒」。ならば、人間の幸せに直結する研究がしたいと始めたのが『幸福学』。工学、哲学、脳科学、科学技術の道に明るい同氏が紐解く、自律と幸福の関連性とは。

[特別企画]

禅から考える“ 自律”とは?
~他律的思考から、自律的思考への転換~

曹洞宗 僧侶
藤田一照

17年間米国で禅の指導をし、『仏教3.0』『人生のパラダイムシフト』『オンライン坐禅』など、イノベーティブな切り口で注目を浴びる禅僧、藤田一照さん。神奈川県葉山に構える茅山荘にて、そのエッセンスをたっぷり教授してもらった。

[教育担当者インタビュー]

  • Borderline~教育担当者として絶対にゆずれないもの~
  • より創造的で革新的な組織の実現には“Out of The Box Thinking”ができる人材が必要
  • ティアック株式会社 執行役員 人事戦略担当
  • ケビン・レイノルズ

1953年の創業以来、一貫して「記録と再生」を核に、音響機器や情報機器を開発・製造・販売してきたティアック株式会社。ティアックは2013年にギターで著名な楽器メーカー・米ギブソンの傘下となり、新たな組織改革、人材育成に取り組んでいる。同社で人事戦略を担うケビン・レイノルズ氏に、人材育成のビジョンをうかがった。

[レギュラーコンテンツ]

  • 講演会のやり方レッスン
  • 今月のオススメ講師
  • ノビテクマガジン倶楽部主催講演会 研修講師の書下ろしレポート -第14回- / 坂本行廣
  • プロのやれる気になった言葉たち
  • 研修講師リレーコラム -第14回- / 歌田 弘子
  • ノビテクマガジン会員登録のお知らせ
  • 編集部へようこそ/読者プレゼント
  • 編集後記/次号予告

 

ノビテクマガジン倶楽部へのご登録の詳細は、こちらをご覧ください

■ご登録特典
特典1:ノビテクマガジンを毎号無料でお届け!
(定価780円のところ無料にてお届け!送料も編集部が負担!)
特典2:ノビテクマガジン倶楽部主催の講演会に会員特別価格にてご招待!
特典3:注目の講師情報が満載のメルマガ配信!

会員誘導_710_360