森永 卓郎もりなが たくろう

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin

【講演可能ジャンル】

マネジメント・経営・経済,

d828900d4a485a80c9c5863969973f04-e1454560078845

【講演テーマ】

「年収300万円時代を生き抜く経済学」
「中小企業の今後と日本経済」
「変化の時代の今 企業に求められているものは?」
「経済と戦争はつながっている~本当に幸せをもたらす社会とは」
「今何が起こっているのか?世界経済と日本経済」
「男と女のあり方が変わる 経済も変わる」
「暮らしとお金の話 進む格差社会を賢く生きる」
「モリタク流 経済ニュースのウラ読み術」
「日本を元気にするライフスタイル」
「格差社会と生きること」

d828900d4a485a80c9c5863969973f04-e1454560078845

【プロフィール】

経済アナリスト
獨協大学教授
東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業。日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁総合計画局(出向)、三井情報開発(株)総合研究所、(株)UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))を経て、現在、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。

専門は労働経済学と計量経済学。そのほかに、金融、恋愛、オタク系グッズなど、多くの分野で論評を展開している。日本人のラテン化が年来の主張。

主な出演番組:TBS「がっちりマンデー!!」、ytv「情報ライブ ミヤネ屋」、ABC「キャスト」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」、ニッポン放送「あなたとハッピー」、NHKラジオ第1「社会の見方・私の視点」、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」MBS「サタデープラス」など

 

d828900d4a485a80c9c5863969973f04-e1454560078845

【著 書】

『<非婚>のすすめ』 (講談社現代新書)(1997年)
『バブルとデフレ』 (講談社現代新書)(1998年)
『リストラと能力主義』 (講談社現代新書)(2000年)
『日本経済「暗黙」の共謀者』 (講談社+α新書)
『年収300万円時代を生き抜く経済学』 (光文社)
『「家計破綻」に負けない経済学』 (講談社現代新書)
『「所得半減」経済学「昭和30年代」に学ぶしあわせ術』 (徳間書店)
『誰がウソをついているのか』 (ビジネス社)
『年収崩壊』 (角川SSC新書)
『しあわせの集め方 B級コレクションのススメ』 (産経新聞出版)
『モテなくても人生は愉しい』 (PHP研究所)
『こんなニッポンに誰がした』 (大月書店)
『「価値組」社会 』 (角川SSC新書)
『「民主党不況」を生き抜く経済学』 (PHP研究所)
『ニュースのウラ読み経済学』 (PHPビジネス新書)
『震災後を生き抜くマネーの鉄則』 (小学館101新書)
『起死回生のマネー術』 (マガジンハウス)
『庶民は知らないデフレの真実』 (角川SSC新書)
『モリタク流 アキバ経済学』 (日経BP社)
『マニア力(まにありょく)』 (マイナビ新書)
『大貧民』 (アーク出版)
『経済ニュース 見方を変えればこんなに儲かる』 (青春出版)
『庶民は知らないアベノリスクの真実』 (角川SSC新書)
『グリコのおもちゃ図鑑』 (プレジデント社)
『「超貧困」時代-アベノミクスにだまされない賢い生き方』 (清流出版)
『年収300万円からのふるさと納税』 (ぱる出版)

【メディア出演】

テレビ

『がっちりマンデー!!』 (TBS)
『情報ライブ ミヤネ屋』 (ytv)
『キャスト』 (ABC)

ラジオ

『大竹まことゴールデンラジオ!』 (文化放送)
『あなたとハッピー』 (ニッポン放送)
『社会の見方・私の視点』 (NHKラジオ第1)
『生島ヒロシのおはよう一直線』 (TBSラジオ)
『サタデープラス』 (MBS)

など多数。

このページを印刷

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • AP 貸し会議室

    AP 貸し会議室
  • 集客イベント・セミナー向け 講師特集

    集客イベント・セミナー向け 講師特集
  • 人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細

    人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細
  • nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

    nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。