ドン小西どんこにし

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin

【講演可能ジャンル】

ライフ・スタイル,

株式会社小西良幸デザインオフィス代表。
「FICCE」「YOSHIYUKI KONISHI」「d.k.f」などのブランドを手掛け、国際的にも評価が高く、現在はテレビ・雑誌等でマルチデザイナーとして幅広く活躍中。

講師依頼のお問い合わせはこちら

【ドン小西の講演テーマ】

ビジネス

「逆境が人の“器”を磨く」
ファッションデザイナーとしてブランドを大成功させたドン小西だが、独立をしたばかりの頃は、商品が売れない・売り上げが無いからお金がない・お金が無いから商品を作れない、そんな悪循環の繰り返しだった。お金がなくて糸も買えなくなった時、工場を回って廃棄となる糸くずをもらい、荷物の梱包用の麻やビニールの紐や電気コードなど編める物は何でもかき集めてニットを作成した。これが“芸術品だ”と人の目に止まり、全ての突破口となった。
目標を持ち、一生懸命頑張っていればどこかで必ず光が見えてくるはずだ。
何もないところから年商60億円まで上り詰めた経営者のお話しです。
「経営者は自分を知れ」
100名以上の社員を抱えるブランドを経営していたドン小西。かつて年商60億円を誇った会社の経営は危機に陥り15億円の借金を背負うことに。
経営者兼唯一のデザイナーとして二足の草鞋を履き、全てを背負っていた。それは自分の仕事を任せられる人材を育成してこなかったということだろう。時代を読み取り、人材の育成がきちんと出来ていればすべては変わっていたに違いない。
それにはまず自己分析をし、“自分を知る”ことが必要であったのだ。
失敗したからこそ見えてくるドン小西流・経営論です。
「10年後の我が社」
ファッションデザイナーとして仕事をする中で、さまざまな企業のユニフォーム・制服も手掛けてきた。企業のユニフォームをデザインする際、必ず会社の社長さんと話しをする時間を設けるようにしている。ユニフォームは少なくとも5年、長ければ10年も同じものを使用することがある。10年後、企業イメージを損なうデザインになってはいけない。だからこそ社長さんとお話しをし、会社の未来像など今後どのような方向に会社が向かっていくのか話を聞かせてもらうのだ。
方向性が明確な会社はとても頼もしいし、絶対成功すると感じさせてくれる。だからデザインイメージもしやすい。しかし、中には先のことなど考えていない会社もある。デザインしにくいということもあるが、企業としてとても心配になってしまう。
自分でも会社を経営していたからこそ思う、企業のトップに立つ人に必要なこととは、未来を見据えるクリエイション力だ。
「生み出す力」
仕事を生み出す営業職、商品を生み出す開発職など、どんな職種にも物事を生み出す能力が必要となる。
時代を読み取り、常に多くのアンテナを張り、全ての物事に目を向ける観察力・洞察力を持つことが成功への道しるべとなり、そこから生まれる想像力・発想力が仕事へと繋がっていく。
ファッションデザイナーとして多くの作品を世に送り出してきたドン小西が何に目を向け作品を生み出してきたのか、クリエイションについてお話しいたします。

人生・生涯学習

「ドラマチックな人生を」
2012年大動脈弁が傷み、弁膜症であることが発覚し、同時に急性大動脈解離を引き起こす恐れがあると診断され、開胸手術を受けた。
人生で初めて死を意識した。
これまでの人生を振り返るとともに、助けられたこの先の人生を考えた時、これからもうひと花咲かせることを決意。
今までの苦難も後から考えればドラマのよう。これからの人生をワクワク・ドキドキする楽しい時間にするためのトークショーです。

観光・地域活性化

「観光学」「地域活性法」
自身が生まれ育った街には生かしきれていない良いものが沢山あると、2007年より故郷・三重県の観光大使(みえの国観光大使)を務める。
必要な経済力を付けるために、外資系企業を誘致する特別区をプロデュースし、地元の企業・商店に競争力を養わせることや、三重大学で観光学の授業を取り入れ、東京の桜美林大学との交換留学を行い県外からの視点や若者の意見を生かしていくなど、時代のニーズに応えられる観光地を目標に活動を続けている。

学校

「未来の描き方」
学生に向けた著書「ドン小西のファッション哲学講義ノート」を発売し、名古屋学芸大学客員教授・東京成徳大学特別招聘教授を務めるなど、後進の指導にも力を注いでいます。
成功者は、観察力・洞察力に優れており、未来を見据えたクリエイション力が誰にでも必要になってくる。
夢を持ち自分の未来像を思い描くことが、夢を実現させる第一歩である。

講師依頼のお問い合わせはこちら

【プロフィール】

29歳で独立し、31歳でブランド「FICCE UOMO」「YOSHIYUKI KONISHI」を設立。その後、東京・ロンドン・ミラノ・ニューヨークなどでコレクションを発表。精力的に作り出される作品は国際的に高い評価を得、芸能人をはじめ幅広い世代に熱狂的なファンを持つ。

また、大蔵省税関職員、東武鉄道、NTTドコモ関西、秋田銀行、JR東日本など大手企業の制服デザインを手掛ける他、日本流行色協会理事、クールビズ名称選考委員、長野・シドニーオリンピック日本代表選手団服飾選考委員を務めるなど、幅広く活動。

現在は、テレビや雑誌などでのファッションチェックが人気で、マルチに活躍中。

【略歴】

1950年 三重県に生まれる。
1991年 毎日ファッション大賞 大賞受賞。
1998年 ファッションエディターズクラブ

【関連コラム一覧】

MORE

【著 書】

このページを印刷

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室AP市ヶ谷Learning Space OPEN 記念イベント

    TCフォーラム貸し会議室AP市ヶ谷Learning Space OPEN 記念イベント
  • 集客イベント・セミナー向け 講師特集

    集客イベント・セミナー向け 講師特集
  • おすすめ 講演講師 連載コラム

    おすすめ 講演講師 連載コラム
  • 人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細

    人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細
  • nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

    nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。