HRpro×ノビテクマガジン 共同企画 
~HRリアルタイムアンケート~

ノビテクマガジン編集部

日本最大級の人事ポータルサイト「HR Pro」とのコラボレーションで、「人事のみなさんが最もつらくなりそうなのは何月?」と題したリアルタイムアンケートを実施。舞の海秀平さんと本誌の岩崎知佳編集長に、その結果についてざっくばらんに語ってもらった。

(※本記事は、2015年4月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事をWeb版として再構成しました。)

ちかさん_舞の海並び写真(文字入り)

Q:この1年で人事のみなさんが最もつらくなりそうな月は何月ですか?

 

今年は、2016年度新卒採用の後ろ倒しや、10月のマイナンバーの通知開始、12月のストレスチエックの義務化施行と、例年と異なるイベントが目白押しです。この1年間で、人事のみなさんが最もつらくなりそうな月は何月ですか?

 

リアルタイムアンケート_zu図1

図1
 

HRプロHP: http://www.hrpro.co.jp/

岩崎編集長(以下、岩崎) このアンケートのテーマを考えた時は、例えば“五月病”という言葉が

あるように、心が疲れているような時期をあげる方が多いのでは?

と予想していたんです。でも実際には、年末年始やさまざまな業務が

重なる多忙な時期を挙げる方がほとんどでした。

 

舞の海氏(以下、舞の海) なるほど、確かに忙しい時は「大変だ」と感じてつらくなりますよね。

 

 

岩崎  舞の海さんも、そうした忙しい時期に気持ちが滅入ったり、イライラしたりしてしまうこと

はありますか?

 

舞の海 私の場合は、そういう時には心の中にもう一人の自分が現れるんです。そして、その

もう一人の自分が「この大変な状況をコイツはどうやって乗り切るんだ?」と眺めている

んですよね。そうすると、気持ちが落ち着くんです。「ちょっと待てよ、これをやって、

次にこれをやってと冷静に対処していけばどうにかなるだろう」と思えてくる。特に、

アンケートでも多かった12月や1月は、年末年始というだけで気忙しく感じて、自分自身

で「忙しい、忙しい!」と囃し立ててしまうようなところがありますから。そういう時は

一歩引いて客観的に見てみると、気持ちがラクになるかもしれませんね。「ちょっとくらい

できなくても、命を取られるわけじゃない」くらいに考えて(笑)。

 

岩崎  焦ってやっても落ち着いてやっても、同じように時間が過ぎていくなら、落ち着いてできた

ほうがいいですよね。

iwasaki(文字入り)

 

舞の海 もちろんですよ。落ち着くには、もう一人の自分を登場させるのと、深呼吸もいいですよ。

ゆっくりと息を吸って、ゆっくりと吐く。

 

岩崎  大きな特徴としては、2016年の就職活動の時期が後ろ倒しになったことで、会社説明会や

面接などの採用活動と、2015年度の新入社員の受け入れの時期が重なって、その準備が始ま

る2月から本格化する3月、4月がつらそうだと考えている人が半数を占めているようです。

そうしたルールの変更など、自分ではどうにもできないことでストレスを感じてつらいと

思うような時は、自分の中でどのように消化していけばいいと思われますか?

 

舞の海 私は物事を極端に考える性格なので、その仕事が嫌なら会社を辞めるか、会社を辞める気は

ないなら嫌でもやる。そのどちらかで自分を納得させると思いますね。ルールが変わってし

まったのなら、それに従ってやるしかない。自分で解決できないことはくよくよ考えずに、

スパッ!と割り切ってしまうといいと思いますね。

 

岩崎  それから、5月になると忙しい時期が少し落ち着いて、ゴールデンウィークでリフレッシュし

たあとは特に、仕事に戻るのがつらいと感じる人も多いと思うのですが、舞の海さんも現役

の力士時代にそういったご経験はありましたか?

 

舞の海 力士も本場所が終わると1週間、休みがもらえるんですよ。気が抜けて、千秋楽の夜から決ま

って風邪を引いてしまうんですけど(笑)。精神的にはプレッシャーから解放されてくつろ

げますね。そして、友人と温泉に行ったり、ゴルフをしたりして楽しく過ごします。これが

ずっと続いたらいいのにって思いながら(笑)。

 

岩崎  1週間休んだあと、稽古に戻る時はどんな心境なんですか?

 

舞の海 嫌です。ものすごく嫌ですよ(笑)。でも、人間って不思議なもので、嫌だと思いながらも

3日も経つと、それまでの日常に慣れていくんですよね。すると、また頑張って稽古して、

次の場所が終わったら、今度はあの温泉にいこうなどと考えてワクワクしてくるんです。

 

岩崎  2~3日で稽古に慣れていくというのは、そのために何かを意識しようとするわけではなく、

自然にそうなっていくということですか?

 

舞の海 そうです。とにかく何も考えずに動くんです。会社員の方なら、朝起きて、スーツを着て、

自宅を出て会社に向かって、淡々と仕事をする。それを3日くらい続ければ、また元通り

なじんでくると思います。

 

岩崎  ありがとうございました。最後に、つらい時を乗り切るためのアドバイスをお願いします。

 

舞の海 つらい時には、楽しいことを考えてほしいですね。毎日仕事だけだと、やっぱりつらいじゃ

ないですか。早く仕事を終わらせてあの人に会いたい! とか、好きなことをしよう! とか、

そういう楽しみを持つことが大切だと思いますね。

 mainoumi(文字入り)

 

 

 

 

ノビテクマガジン、ノビテクマガジン倶楽部にご興味のあるかたは、コチラ

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室AP市ヶ谷Learning Space OPEN 記念イベント

    AP貸し会議室
  • nobetech magazine

    ノビテクマガジンロゴ
  • ノビテクロゴ_240_100

    ノビテクロゴ_240_100

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。