研修講師リレーコラム -第2回- 子育てが部下育成力を高める~八坂貴宏~

八坂 貴宏

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , ,

2015年06月19日

子育てが部下育成力を高める

koushirire-yasaka_1私には小学校6年生の長男がいます。野球が大好きで、小学1年生から少年野球をやっています。私もこれまでコーチとして、チームに関わってきました。ただ、息子には、正直、手を焼いていました。

 

「足がとても遅い」「フライが全く取れない」しかも「打てない」。同年代どころか、下の学年の子どもたちと比較しても、明らかに下手。何とかしてやりたい。私も一生懸命でした。

 

何度も練習に連れ出し、できるようになるまで、辛抱強く指導し、うまくできた時は、ハイタッチしてともに喜び…どれだけ時間をかけて関わってきたことか。でも、自分では練習しようとはしないし、なかなか上達しない。

 

本人のやる気の問題? それとも私の指導の仕方が悪い?ずいぶん悩みました。その時、私が部下育成研修の中で伝えている大切なことを思い出しました。

 

部下に「期待」するのではなく、「信頼」すること。一体どれくらい息子のことを信頼しているのだろうか?

 

そう、私が言わないと、もっとさぼると思っていた。しかも、普通に野球ができるようになってほしいと自分勝手な期待をして、押し付けていた。そして、私は関わり方を変えることにしました。

 

どれだけさぼろうとも、上手くなかろうとも、信じて待とう。何よりも、私自身がコーチ業や自分の仕事をもっともっと楽しもう。

 

そうしたなか、数ヶ月が過ぎたある日曜日、大きな出来事が起こりました。地区大会で、ピッチャーとして先発出場することに。息子がようやく掴んだチャンスでした。私はただ笑顔で見守ることだけに徹しました。

 

初回表は、顔は青白く身体はガチガチながらも、2失点で何とか切り抜けました。そして、裏の攻撃。チームメイトの連打で逆転。2回以降はフォアボールを一つも与えない好投。チームメイトも息子を勝利投手にしようと、一丸となって堅い守備を見せる。控え選手も、いつもより応援する声が大きく盛り上がる。

 

その後も0点に抑え、バッティングでは自身初のツーベースヒットを放ち、4回でコールド勝ち!何と、先発初完投勝利を収めたのです。

 

長男がとても大きく見えました。いつの間にか成長していたのです。部下育成も同じことが言えると思います。誰だって部下に「こうなってほしい」と期待してしまいます。でも、期待を優先しすぎると、即効性や短期間の成果を求め、部下にとことん指示します。

 

こちらの思い通りの結果が得られないとイライラして、待てずにさらに口出ししてしまいます。そう、コントロールしようとするのです。きっと部下は窮屈でしょうね。私の息子と同じように(笑)

 

本当に相手(部下・子ども)のことを信頼していますか?

期待を寄せて、相手(部下・子ども)を思い通りに動かそうとしていませんか?

 

koushirire-yasaka_2子どものチカラを信じることで、子どもだけでなく、私自身が日々成長しています。部下のチカラを信じることで、部下だけでなく、自分自身も成長しますね。

 

 

 

 

(※本記事は、2014年10月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事をWeb版として再構成しました。)

 

 

 

ノビテクマガジンへのご質問、研修講師のお問い合わせはコチラ

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • AP 貸し会議室

    AP 貸し会議室
  • 集客イベント・セミナー向け 講師特集

    集客イベント・セミナー向け 講師特集
  • おすすめ 講演講師 連載コラム

    おすすめ 講演講師 連載コラム
  • 人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細

    人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細
  • nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

    nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。