眞邊明人【目次】怒りとの正しい付き合い方 ~アンガーマネジメントが組織を導く~

演出家 眞邊明人 怒りは”見せ方”次第。コミュニケーションにもクリエイティブにも応用できる。  怒りとの正しい付き合い方 ~アンガーマネジメントが組織を導く~

眞邊 明人

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , , , , ,

2018年01月30日

怒りは“見せ方”次第。コミュニケーションにもクリエイティブにも応用できる。

権利と平等の追求の果てに生まれたのは、本当に優秀な人しか生き残れない不公平な社会システムだという。怒りが充満しやすい現代社会で今、怒りの感情とどう向き合えばよいのだろうか。演出家、監督、作家、講師など、表現のプロとして多彩な顔を持つ眞邊明人氏が語る。

村上杏菜 ≫ 文 櫻井健司 ≫ 写真

(※本記事は、2016年10月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

【第1回】“見せ方”で印象と感情を操る

真剣な眼差しから一転して冗談を言う表情に。そして今度はこちらが思わず姿勢を正してしまいそうな強面へと、次から次へと表情を変えて見せる眞邊氏。芸人やタレントのマネジメントから演劇作品の監督・演出、さらには研修講師など、表現を指導する立場にあるからこそ”見せ方”は熟知している…

≫ 【第1回】“見せ方”で印象と感情を操る

【第2回】怒りは相手との距離を一気に縮める

怒りの感情をコミュニケーションに応用することもできるという。「演技の視点で言うと”怒り”が一番簡単なんですよ。”悲しみ“の方が難しい。一番表現しやすくてしかも相手に伝わりやすい、その特徴を利用して、怒りは相手と距離を縮めるために使えます」…

≫ 【第2回】怒りは相手との距離を一気に縮める

【第3回】怒りはクリエイティブに変換すれば楽に生きられる

では、相手に伝えるべきでない怒りはどう扱えばよいだろうか?ノートに書いて気持ちを可視化するのはよくある方法だが、眞邊氏流は”デスノート”…

≫ 【第3回】怒りはクリエイティブに変換すれば楽に生きられる

講師への講演依頼はノビテクマガジンで!

プレゼン、話し方に関する講演、研修などができます。眞邊 明人株式会社先駆舎 代表/演出家
眞邊 明人 講師のプロフィールはこちら

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。