江口克彦【目次】人間観なきところに人は育たず。

松下幸之助と23年過ごして辿りついた人材育成の哲学 人間観なきところに人は育たず。 株式会社江口オフィス代表取締役/経済学博士/前参議院議員/PHP総合研究所元代表取締役社長/松下電器元理事 江口克彦

江口 克彦

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , ,

2018年06月08日

人間観なきところに人は育たず。

江口克彦には3つの顔がある。1つ目は、政治家としての顔だ。現在、「みんなの党」の最高顧問をつとめ、「道州制」実現を目指して精力的な活動を続けている。2つ目は、松下幸之助のもとで23年間薫陶を受け、その哲学を広めてきた著者・講師としての顔。そして、3つ目は、PHPグループを永年率いた経営者としての顔。江口は慢性的な赤字体質だった同グループを短期間で長期的な黒字経営に転換させた実績を持つ。これらの経験から導き出された「人材育成の哲学」を中心に聞いた。

本間貴史 ≫ 文 櫻井健司 ≫ 写真

(※本記事は、2013年10月1日発行のノビテクマガジンに掲載された記事を再構成しました。)

【第1回】松下幸之助のすべての言葉の根底には「人間大事」がある

私はふだん、経営者の方に向けて話すことが多いのですが、教育担当者向けのノビテクマガジンの読者の皆さんには若い世代もいることでしょう。もしかすると、若い世代の中には、「松下幸之助の哲学は、今の時代にあまり役立たないのでは?」という印象をお持ちの方もいるかもしれませんね…

≫ 【第1回】松下幸之助のすべての言葉の根底には「人間大事」がある

【第2回】人を育てることをあきらめてはいけない。批判する人を大切にせよ

もうひとつ、人材育成という視点で教育担当者の方々に伝えたいのは、「人を育てることをあきらめてはいけないこと」です。大勢の社員と接していると、「なぜ、この人は素直に言うことを聞かないのか」、「同じ環境なのに、なぜこの人だけ成長しないのか」という人も中にはいるかもしれません…

≫ 【第2回】人を育てることをあきらめてはいけない。批判する人を大切にせよ

【第3回】魂と魂のぶつかりあいがないところに大きな成果は生まれない

さて、話を本題に戻します。なぜ、リーダーに熱意が欠かせないのか。これは現実を考えてみれば簡単です。もし、あなたの上司がものすごい熱意をもって仕事にあたっていたら、部下である自分も負けずにがんばろう、という気持ちになるでしょう…

≫ 【第3回】魂と魂のぶつかりあいがないところに大きな成果は生まれない

【第4回】考えて、考えて、考え抜いた先に「人間観」が見つかる

もうひとつリーダーに必須の要素があるとしたら、それは「人間観」です。冒頭(第1回)でもお話しましたが、松下幸之助は「人間大事」という人間観をもっていました。そして、この人間観があったから成功できた…

≫ 【第4回】考えて、考えて、考え抜いた先に「人間観」が見つかる

講師への講演依頼はノビテクマガジンで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室

    AP貸し会議室
  • nobetech magazine

    人と組織の成長を応援するノビテクマガジン
  • 株式会社ノビテク

    株式会社ノビテク
  • 特集一覧 – 講演講師コラム 

    特集一覧 - 講演講師コラム 

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。