西村佳隆【第3回】外から見えやすいイノベーションと外から見えにくいイノベーション – イノベーションの天地人~普通の人による創造的イノベーション~

西村佳隆 イノベーションの天地人~普通の人による創造的イノベーション~

西村 佳隆

イノベーションを生み出していくコツとは?!

こんにちは、イノベーションの天地人の西村です。
「イノベーション」という言葉はかっこいいんですけど、日々、苦労の連続ですよね!

それではまずは、これまでの振り返りをします。

【西村流 イノベーションの天地人】
〇天のイノベーション:天才のイノベーション

〇地のイノベーション:地道な研究の積み重ねによる技術イノベーション
〇人のイノベーション:普通の人の力による創造的イノベーション

 私がこのコラムで取り上げたいイノベーションは、3つめです。

 他には、
☆成功の反対は「何もしないこと」。失敗は成功のプロセスの一部
☆質より量。イノベーションは、ガラクタの山から生まれる。(かもしれない)
☆2割の働かないアリは、働いていないのではなくて、新天地を探しているイノベーター
という話でした。

私は天才ではなく、地道な研究者でもないので、
“人のイノベーション”=“普通の人の力による創造的イノベーション”
について、普通の人でもどのようにやれば、イノベーションを生み出していけるのか?!イノベーションを生み出していくコツとは?!ということについて、私が行ってきたイノベーションの話をしながら語ろうと思います。

「イノベーションを生まないと!」と肩肘張らずに、漸進的な取組みを進めましょう!
しかし取組みは漸進的でも、お客さんにとっての“価値”は、ジャンプしていないと!です。

『外から見えやすいイノベーション』と『外から見えにくいイノベーション』

さて、イノベーションとは、じつは『外から見えやすいイノベーション』と『外から見えにくいイノベーション』の2つが存在しています。

『外から見えやすいイノベーション』
…製品やサービスそのものについてのイノベーションで、わかりやすく、誰もが気づく内容なのでマネされやすい。

『外から見えにくいイノベーション』
…製品やサービスを生み出す仕組みや生み出す組織などについてのイノベーションで、外部からはわかりにくく気づきにくいため、マネされにくく、長期にわたり独自性や強みを維持しやすい。

新しいものを開発したのに、すぐに安くて良い後発商品が出てしまった!!というのは、企業ではよくあることですよね。でも、それは一見新しいとおもったそれが『外から見えやすいイノベーション』だったからです。

製品やサービスに関する『外から見えやすいイノベーション』を生み出すだけでもなかなか大変な場合があるのに、どうしたら『外から見えにくいイノベーション』を創りだすことができるのでしょうか?

イノベーションと言われるモノやコトは、“後から聞くと”簡単なことだったり、当たり前のことだったりするのですが、その時点では、なかなか発想できなかったり、「何をバカなことを言っているんだ」とスルーされたり、思い切って挑戦してみないとできないことだったりします。

組織でイノベーションを生み出すには

自分たちのチームや組織からイノベーションを生み出すためには、どうしたらいいのでしょうか?
私はこの3つのことにチャレンジしていくといいと考えています。

①今あるものを別視点で考えることにより、別の価値提案が出来ないか、考えてみる
②新しいものを生み出す専門チームをどう作るのか
③売れる要因の見極め。どんなことを指標にビジネスを進めていくのか
(売りたい商材の売上以外に、その売上をアップさせる要因が何かあるかを見極める)

『外から見えやすいイノベーション』については、①
『外から見えにくいイノベーション』については、①②③
の事項を意識し考えて進めるといいと思います。

次回のコラムでは、これらの事について、引き続き、私が行ってきたイノベーションの話をしながら具体的に語ろうと思います。

講師への講演依頼はノビテクマガジンで!

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • TCフォーラム貸し会議室AP市ヶ谷Learning Space OPEN 記念イベント

    AP貸し会議室
  • nobetech magazine

    ノビテクマガジンロゴ
  • ノビテクロゴ_240_100

    ノビテクロゴ_240_100

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。