【書評】スマイルズの世界的名著 「自助論」

ノビテクマガジン編集部の本棚_642_326

ノビテクマガジン編集部 Y・Yatsunami

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Linkedin
【コラムジャンル】
, , , ,

2015年01月19日

【書評】
「自助論」 365日を好転させる力-人生は自分の手でしか開けない!
 サミュエル・スマイルズ著 竹内均 訳

昨年、経済評論家の竹中平蔵先生にインタビューをさせていただいた際に、オススメの本をうかがったところ、サミュエル・スマイルズの『自助論』をご紹介いただきました。

 

「オススメの本を聞かれたら、いつも、この本を紹介してるよ。この本には、私たちが生きていく上で、とても大切なことが書いてある。学生にも、経済学を教える前に読ませている。」

と仰っていました。

先生が講演などで伝えるメッセージとシンクロさせながら、この本を読んでみました。

 

この本は10章に分けられ、各章5つの項目テーマに分けられた300ページの本です。各項目で5ページくらいなので、隙間時間に読むことができる読みやすい本です。

(一気に読み込んでしまうと、内容が抜けていってしまいますが、この手の本は、抜けてしまっても私はいいと思っています。キラッと光ったところを覚えておくことができれば。)

 

本の副題【人生は自分の手でしか開けない!】とあるように、

「自分の人生は自分の手でしか開けないぜ。だから、向上心をもって日々の努力を大切にし、信念をもって勤勉に働く、そうすることで自分の道が切り開かれるんだ!他人や国に頼らないことだ!」といった感じです。

実に、わかりやすくシンプルです。それ以外ないですからね。

しかし、能書きを言葉で伝えられても、腑に落ちませんよね。

この本の素晴らしさは、数え切れない偉人のエピソードを取り上げ、各人がいかにして自己実現をしたのかが描かれているのです。

 

書籍の中で、

「世に偉人と称される人間は、天賦の才などほとんど信じていない。むしろ彼らは、並の才能にもかかわらず成功を収めた人間と同じように、世間的な常識に明るく、辛抱強さを備えている。」

「天才とは忍耐なり」

「人格こそ、一生通用する唯一の宝だ」

「外部からの援助は人間を弱くする。保護や抑制も度が過ぎると、役に立たない無力な人間を生み出すのがオチである。」

とあります。(他にも名言がたくさん出て来ます。)

 

天才、偉人と呼ばれる人でさえ、自らの日々の努力と忍耐、人間性を大切にしてきたからこその名声があるんですね。

凡人の僕にも、出来ることですね。

 

そしてスマイルズの言葉、

「天は自ら助くるものを助く」 「自分に対して“最良の援助者”になれ」

この言葉、本を読む前と読んだ後では、心への沁み方が異なります。

 

これは、私見ですが、手厚い援助・過保護を国・政府に求めることは、スマイルズがいうところの、“役に立たない人間を生み出す”ことにつながる。だから、「勤勉に働いて、自分で自分の運命を切り開くことでしか、自己実現はできない」と伝えてくれているのだと思います。

 

だから、その精神を教えてくれるこの「自助論」を竹中先生がみんなに推薦してくれるんですね。

必読の一冊です。

 

 

 

自助論

RELATED ARTICLE -関連記事-

[講演依頼、講演会のことなら、ノビテクマガジンビジネスタレントにお任せください!]

[ノビテクマガジン倶楽部会員登録は無料です。]

  • AP 貸し会議室

    AP 貸し会議室
  • 集客イベント・セミナー向け 講師特集

    集客イベント・セミナー向け 講師特集
  • おすすめ 講演講師 連載コラム

    おすすめ 講演講師 連載コラム
  • 人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細

    人と組織の成長を応援するNOBETECH MAGAZINE[ノビテクマガジン]の詳細
  • nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

    nobetech 株式会社ノビテク コーポレートサイト

サイトを携帯電話でご覧になる方は、こちらのQRコードをご利用ください。